Blog&column
ブログ・コラム

サイディングの張り方には種類がある?張り方の違いをご紹介

query_builder 2021/12/17
コラム
4
現在日本で主流のサイディングですが、張り方に違いがあります。
「外壁のことはよくわからないからお任せでいいかな」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし新築・リフォームは、非常に高額なお買い物です。
サイディングの張り方を知り、納得した上で施工してもらいたいですよね。
今回はサイディングの張り方についてご説明します。

▼サイディングの構造上の張り方の違い
■通気工法
サイディングメーカーが推奨している工法です。
壁とサイディングの間に空気の層をつくり、結露が発生するのを防ぎます。
湿気はサイディングが痛む一因なので、通気工法を採用することで劣化を遅らせることができます。

■直貼り工法
最近ではあまり使われなくなった工法です。
壁に防水シートを貼り、その上にサイディングを貼り付けます。
通気が良くないので、年数が経つと湿気によるトラブルが起きやすいです。
この工法で施工されている外壁をリフォームする際は、張替をおすすめします。

▼サイディングの張り方の向きによる印象の違い
■横張り
最もメジャーな窯業系サイディングは、ほとんどこの張り方に対応しています。
横張りは通気性が良く、施工に人数がいらないのでコストを抑えやすいでしょう。

■縦張り
金属系サイディングは、縦張りが良く使われます。
縦張りは防水性に優れており、縦のラインが目立つのですっきりとシャープな印象になります。
デザイン性を重視される方に人気です。

▼まとめ
現在主流のサイディングの張り方には、通気工法・直貼り工法と横張り・縦張りがあります。
サイディングには、通気工法がおすすめです。
選ぶサイディング材によって、横張りと縦張りが選べますので業者相談の上、イメージに合う外壁に仕上げてくださいね。
ラビット塗装では外壁塗装のご相談を承っておりますので、ぜひご相談ください。

NEW

  • ブログはじめてみました。

    query_builder 2022/01/21
  • 外壁塗装の材料ごとの耐用年数

    query_builder 2022/09/15
  • 外壁塗装の費用相場を解説

    query_builder 2022/09/01
  • 外壁塗装の色選びの注意点について詳しく解説

    query_builder 2022/08/15
  • 外壁塗装を自分でDIYする際のポイント

    query_builder 2022/08/01

CATEGORY

ARCHIVE